資産運用の手段

せっかく稼いだお金を、タンス預金にしておいたりしてそのまま寝かせておくのは非常にもったいないといえます。
そのままの状態で安置しておいたところで、残高は減少こそしないとはいえ、逆に増えることもありません。

それならば資産を増やそうとすると、どうしないといけないか?
一つは自分の労働量を増やすなどして、単純に収入を大きくすることによって資産となる分量を増加させる方法。
ですがその方法には、自分の労働量の限界など様々な問題が有り、資産の拡大管理という意味では非現実的であるといえます。

もう一つは投資を行い、資産そのものに働いて貰う方法。
自分はどういった金融取引を行うかという選択を行い、投資する対象を決めるのみ。後は、資産自身が転がっていってくれます。
金融取引による手法としても株やFXなどの選択が可能ですし、投資全般に視野を広げてみれば他にも先物取引や不動産投資など、多くの手段から検討することが出来ます。
しかしながらこの方法、金融取引であっても物的な取引であっても、リターンに対して大きなリスクがあるという点が問題となります。

その中間として、単純に資産を寝かせておくだけではもったいないが、大きなリスクを背負うことも避けたい場合に利用できるのが国債です。
国債はまず、元本割れのリスクがない。この事実は他の資産運用にはまずありえないことです。
金融取引商品の中でそういったローリスク、ないしノーリスクである商品は預金口座への預貯金を行うか、国債を利用するかのどちらかぐらいしかありえません。

その上で国債は預貯金に勝る点が有り、資産を適度に運用するには調度良い手法であるといえるのです。

オススメサイト

国債で賢く資産運用しませんか?《日本フィナンシャルセキュリティーズ株式会社》
キャッシュフローゲームを始める方はこちら|金持ち父さんセミナー情報

カテゴリー
  • カテゴリーなし